空気線図(湿り空気h-x線図)を作成するためのソフトウエアです。
30日間無料でお試しいただけます。⇒ダウンロード・ご購入はこちら
空気線図

☆ここがポイント!! ■出力される空気線図はExcelのワークシートまたはワークブック形式
出力はエクセルのワークシートです。そのまま別のドキュメントに合体できます。

■エクセル上で湿り空気状態関数を使用可能(一部フリーソフト扱い)
湿り空気状態関数アドイン「エクセル湿り空気」を標準添付していますので、
状態点、状態線のプロットまたは計算に必要な30以上の関数を公開します。
関数の一部はフリーソフトですので試用期間が過ぎてもご使用になれます。


■コイル、加湿器の計算書も同時出力
コイル、加湿器の容量計算書もExcelのワークシートまたはワークブック形式で出力されます。


■全熱交換器など種々のアイテムをサポート
全熱交換機、顕熱交換機、外気ヒータなど様々なアイテムに対応しています。
これらのアイテムを組み合わせたときに、どのような状態変化が起きるかすぐに確認できますので、
空気線図の学習用にもお使いにになれるでしょう。


■実用的です
簡単な設定でオールフレッシュ、露点温度制御、クリーンルームなどの産業空調にも対応。
入力は熱負荷、外気風量など熱負荷計算から自然な流れでできます。


■湿り空気状態関数集「エクセル湿り空気」同梱 エクセル空気線図には、エクセルワークシート上で使用することができる状態関数集「エクセル湿り空気」が同梱されています。
以下、「エクセル湿り空気」に関する情報です。

■ワークシート上で空気線図が動く
熱負荷集計表の負荷や外気風量を変更すると、即座に状態点を再計算し、
空気線図を動かすテンプレートを作成できます。
熱負荷集計と空気線図を連動させるサンプルワークブックを添付しています。
本物はダウンロードしていただくとして、とりあえず下の画像にマウスカーソルをのせてみてください




■h-x線図上の状態点、状態線の計算に必要な36の関数
基本関数26種、応用関数10種からなり、状態点をいろいろな角度から計算できます。
h-x線図上に直交座標を重ねたときの座標変換関数をもっているため、
独自のh-x線図を作図するための計算ができます。


■基本関数はフリーソフト
基本関数はフリーソフト扱いです。試用期間が過ぎてもそのままご使用になれます。

■もちろん
エクセルのVBAプロジェクトからも使用できます。
エクセル空気線図が使用しているh-x線図に系列を追加するためのサンプルマクロを添付しています。
このサンプルマクロは、ソースを公開していますので、ご自由に編集してご使用になれます。

■ウェクスラー - ハイランドの式を基本にしています
飽和水蒸気圧の計算はウェクスラー - ハイランドの式を使用しています。